BLOGブログ

スタッフブログ

2021.8.27
お役立ち情報

注文住宅のキッチンの種類について詳しくご紹介します!


 
注文住宅を検討するうえで、キッチンに重きを置かれる方も多いでしょう。
「注文住宅ではどんな種類のキッチンがあるの」、「キッチンで後悔しないためには」という疑問も出てくるでしょう。

そこで今回は、注文住宅のキッチンの種類や後悔しないためのポイントを紹介します。
 

 

□注文住宅のシステムキッチンの種類とは

注文住宅で導入できるシステムキッチンは、アイランドキッチン、ペニンシュラキッチン、I型キッチン、II型キッチン、L型キッチン、U型キッチンの6種類です。
それぞれ紹介します。
 
アイランドキッチン
 
1つ目は、アイランドキッチンです。
アイランドキッチンは、シンクやコンロ、作業スペースが壁から離れて独立しているキッチンです。
対面型キッチンの一つで、開放感があり、家族ともコミュニケーションがとりやすいです。
 
ペニンシュラキッチン
 
2つ目は、ペニンシュラキッチンです。
ペニンシュラキッチンは、アイランドキッチンの片側を壁にくっつけたような形のキッチンです。
LDKがそれほど広くなくても設置できるという特徴があります。
 
I型キッチン
 
3つ目は、I型キッチンです。
I型キッチンは、シンク、コンロ、作業台が1列に並んだキッチンです。
形が単純なため、リーズナブルです。
また、コンパクトにまとめられるので、スペースの有効活用ができます。
 
II型キッチン
 
4つ目は、II型キッチンです。
II型キッチンは、コンロ、シンク、作業台を2列に配置するキッチンです。
動線が短く、作業スペースが広くとれるメリットがあります。
 
L型キッチン
 
5つ目は、L型キッチンです。
L型キッチンは、上から見てL型になっているキッチンです。
壁付けにも対面にもできます。
作業スペースが広く、作業動線も短めで、収納スペースが多く確保できます。
 
6つ目は、U型キッチンです。
U型キッチンは家から見てコの字になっているキッチンです。
作業スペースが非常に広く、体の向きを変えるだけで作業ができます。

 

□注文住宅のキッチンで後悔しないためには

キッチン選びでのポイントを2つ紹介します。
 
キッチン選びでのポイント:収納スペース:
 
1つ目は、収納スペースです。
住み始めた後に、収納スペースの過不足があったという失敗を感じる方もいます。
実際に何をどれくらい収納するのかを考えてから、収納スペースを検討しましょう。
 
キッチン選びでのポイント:シンクの深さ
 
キッチン選びでのポイント:シンクの深さ
 
キッチン選びのポイント:シンクの深さ
 
2つ目は、シンクです。
シンクの深さは、水はねと関係があります。
実際にショールームで水を流してみましょう。

 

□まとめ

注文住宅のキッチンの種類や後悔しないためのポイントを紹介しました。
これを参考に、納得のいくキッチンを作ってください。

CALENDER
2021.08
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

ARCHIVE

この記事を書いた人

津留建設お役立ち情報

津留建設お役立ち情報