BLOGブログ

スタッフブログ

2020.9.27
お役立ち情報

福岡・久留米・佐賀で注文住宅の購入をご検討中の方へ!駐車場を設計する際のポイントを紹介します

注文住宅に駐車場を設置したいけれど、どのような駐車場が良いかわからない方はいらっしゃいませんか。
駐車場は住宅の大きな部分を占めるので設計が簡単ではないですよね。
そこで今回は、注文住宅で駐車場を設計する際のポイントを紹介します。

 

□駐車場を作るときに失敗しないポイントについて

駐車場を作るときにどのようなことをこだわれば良いのか知りたいですよね。
駐車場を失敗せずに作るためには、大きく分けて2つのことに気をつけておく必要があります。

1つ目は、台数と大きさです。
車の台数は必ず知っておかなければなりません。
家族で何台の車が必要なのかを十分に考慮して設計する必要があるでしょう。

また、車の大きさも重要なポイントです。
駐車場が車の大きさに合っていないと、せっかくの駐車場に意味がなくなってしまいます。
そのため、車の大きさによっても設計を考える必要があります。

しかし、車の大きさと台数を確認するだけでは不十分と言えるでしょう。
これらに加えて、将来のことを見据える必要があります。
いつかは大きい車が必要になるといったことや車の数を増やすかもしれないといったことも考えて駐車場の設計をしましょう。

2つ目は、駐車の仕方です。
車の駐車の仕方には3つの方法があり、直角駐車、並列駐車、縦列駐車の3種類です。
直角駐車は最も一般的な駐車方法で、並列駐車は奥行きを取らないので反対側にスペースができます。
一方で、縦列駐車は土地を有効活用できますが、出し入れしにくい方法と言えるでしょう。
自分に適した駐車方法を選ぶのも重要なポイントです。

 

□カーポートを建てる目的とは

カーポートにはさまざまなメリットがあります。
例えば、車の乗り降りをする際に、雨の影響を受けないことです。
荷物が多いときに傘をささずに移動できるのは大きなポイントでしょう。

また、車が汚れてしまうのを防ぐ効果もあります。
鳥のフンから守ってくれたり、紫外線による色あせやゴム材の劣化からも防いでくれたりします。
一方で、日当たりが悪くなったり台風の時に不安になったりといったデメリットもあります。
カーポートにもメリット、デメリットがあるので、慎重に考えて決める必要があるでしょう。

 

□まとめ

今回は、注文住宅で駐車場の設計するポイントを紹介しました。
駐車場を作る際は、駐車場で失敗しないようにするためのポイントとカーポートを建てる目的を理解することが必要です。
駐車場は車を停めるために、住宅の重要な部分なので、本記事を参考に駐車場の設計を考えてみてはいかがでしょうか。

CALENDER
2020.09
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930

ARCHIVE

この記事を書いた人

津留建設お役立ち情報

津留建設お役立ち情報