BLOGブログ

スタッフブログ

2021.7.1
お役立ち情報

オシャレなバルコニーを紹介!注文住宅のデザインでお悩みの方へ!


  

「バルコニーのデザインってどうしたら良いのかな。」
注文住宅をお考えの方でこのようにお思いの方はいらっしゃいませんか。
今回はバルコニーのデザインの例や作成のポイントについて紹介します。

 

□バルコニーのデザインの例

まずはオシャレなバルコニーデザインの例を3つ紹介します。
 
1つ目は、一息つける安らぎを実現したバルコニーです。
落ち着いたデッキテラスに、木のベンチを設置すれば映えます。
 

 
植物を育てるスペースも確保し、プライバシーを確保しつつ、開放感がある絶妙な高さを設置しましょう。
ひと休憩つきたい時に、晩酌など、夜風の中で静かなひと時が過ごせます。
 

 
2つ目は、広々としたリビングからの繋がりのあるバルコニーです。
囲いフェンスに木を使用すれば、統一感やナチュラルな雰囲気が作れます。
 

 
3つ目は、廊下バルコニーです。
リビングの大窓を囲むようにして作られたウッドデッキを作成した例です。
座って中庭を眺めたり、お酒を楽しんだりできます。
その他にも、外観として木のぬくもりと奥行きが感じられるでしょう。
 

 

□作成のポイント

最後にバルコニーを作成する際のポイントを2つ紹介します。
 
1つ目は、使用目的を明らかにすることです。
一般的に、バルコニーを作成したいなら、プランニングの際になぜそれが必要なのか、目的や方法についてしっかりと整理しておくことが必要でしょう。
 

 
洗濯物を干すため、リビングとしてのくつろぎのスペースの確保のため、ガーデニングを楽しむためなど色んな用途があります。
希望がある場合は、あらかじめ設計者に伝えておきましょう。
 
2つ目は、住まい全体で考えることです。
 

 
プランニングを進める際は、住まい全体で考えることが重要です。
例えば、洗濯物を干すために設けたのに、洗濯機からの動線が複雑では、使用しなくなる可能性もあります。
 
子ども部屋を通過しなければいけないベランダだと、利用時間や方法も制限されるかもしれません。
屋内空間からの繋がりや動線といった使用目的に合っているかをチェックしておくことが大切です。
さらに、外観にも大きく変わるため、室内側からだけでなく、外側からのデザインも重視したいですよね。
窓の位置や形など総合的に考えましょう。
 

 

□まとめ

バルコニーのデザインの例や作成のポイントを紹介しました。
実際にバルコニーを設置する際には、今回紹介した作成時のポイントをぜひ参考にしてくださいね。
注文住宅に関して他にお困りごとがあればぜひ当社までご相談ください。
※写真は津留建設の施工事例となります。是非、家づくりの際にお役立てください。

CALENDER
2021.07
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

ARCHIVE

この記事を書いた人

津留建設お役立ち情報

津留建設お役立ち情報