BLOGブログ

スタッフブログ

2020.12.17
お役立ち情報

注文住宅を建てたい方へ!高気密高断熱の家のメリットとデメリットとは?

注文住宅の購入をお考えなら、高気密高断熱という言葉を聞いたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
高気密高断熱住宅とは、名前の通り高い気密性と断熱性を実現した住宅のことです。
今回は、高気密高断熱住宅のメリットとデメリットをご紹介します。

 

□高気密高断熱のメリットとは?

1つ目は、光熱費を削減できることです。
高気密高断熱の住宅は、外気が侵入するのを防ぎ、室内の空気を外に逃さないという特徴があります。
そのため、冷暖房を使わなくても夏は涼しく、冬は暖かく保てるでしょう。
冷暖房の使用頻度が下がり、光熱費の削減につながります。
省エネになるため、環境にも優しいですね。

2つ目は、部屋ごとの温度差が小さいことです。
寒い日のお風呂上がりに、急に体が冷えることはありませんか。
このような部屋間での気温差を小さくできるため、ヒートショックも防げます。

3つ目は、遮音性が高いことです。
気密性が高いため、壁に隙間がありません。
室内から外に音が漏れたり、外の音が室内に響いたりすることを防げます。

4つ目は、結露が発生しにくいことです。
結露は、室内と室内の気温差が高いほど発生しやすくなります。
そのため、気密性と断熱性が高ければ結露を発生しにくくできるでしょう。
結露はダニやカビの発生原因にもなるため、家の劣化を防げるとも言えます。

5つ目は、効率的に換気ができることです。
最近建てられる住宅には、24時間換気システムが設置されていることがほとんどです。
このシステムを設置する場合は、気密性が高いほど効率の良い換気ができるでしょう。

 

□高気密高断熱のデメリットとは?

まず、建設コストがかかることでしょう。
優れた断熱材と精度の高い施工を要するため、どうしても建設コストは高くなってしまいます。
しかし、長期的に見れば光熱費を削減できる構造であるため、コストパフォーマンスは良いと言えます。

次は、結露してしまうことがある点でしょう。
もちろん、適切な施工が行われていれば問題ありません。
しかし、施工上の問題で隙間ができてしまうと、結露が発生しやすくなってしまうでしょう。
そのため、業者選びが大切と言えます。

最後は、暖房器具に制限がかかることでしょう。
高気密住宅では、石油ストーブなどの暖房器具を使用できません。
なぜなら、一酸化炭素が部屋に充満してしまう恐れがあるからです。
このように、一部の暖房器具が使用できないことも念頭に置いておきましょう。

 

□まとめ

高気密高断熱住宅のメリットとデメリットをご理解いただけましたでしょうか。
建設コストはかかるものの、長期的な視点で見ればコスト面でも機能面でもメリットがあることがわかります。
当社では、気密性と断熱性の高い健康な家づくりをお手伝いしています。
注文住宅をご購入の際はお気軽にご相談ください。

CALENDER
2020.12
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

ARCHIVE

この記事を書いた人

津留建設お役立ち情報

津留建設お役立ち情報