BLOGブログ

スタッフブログ

2020.5.1
お役立ち情報

福岡・久留米・佐賀にお住いの方へ注文住宅を契約する際の注意点をご紹介

注文住宅を建てようと考えているけれど、どのように契約を進めるのかわからない方はいらっしゃいませんか。
注文住宅は人生で何度も経験することではないですよね。
そのため、流れや注意点がわからない方が多いと思います。
そこで今回は、契約の流れと注意点を解説します。

 

□契約の流れ

 

注文住宅を建てる場合の契約の流れは、
・仮契約
・本見積り依頼
・住宅ローンの検討、審査
・本契約
・建築確認申請
という流れで進みます。

仮契約は、具体的な計画を進める前に、依頼主の意思確認として設けられていることが多いです。
間取りや見積書を確認したのち、仮契約を行います。
仮契約の際は申込金が必要になることもあるため、現金を用意しておくと安心です。
仮契約の際には、仮契約書類、印紙税、申込金を準備しましょう。

本見積り依頼では、住宅の内装をより詳しく決めていきます。
本見積りの際は、書類に不備や間違いがないかを確認して、後悔のないようにしましょう。

本見積りの後は、住宅ローンについてです。
ローンを借りられるかどうかの事前審査を依頼しておきましょう。

本見積りが終了すると、いよいよ本契約です。
本契約の際は、支払方法や住宅の引き渡し時期などの重要事項について、しっかりと確認してください。
契約書類は内容が膨大なため、複写したものをもらうようにしましょう。
また、手付金を支払うため、現金や小切手を用意しておいてください。

そして最後は建築確認申請です。
これは、間取りが建築基準法などに違反していないかを調べるものです。
業者の方が代行することが多いですが、念のため確認しておきましょう。

 

□契約時の注意点

 

仮契約と本契約において、注意点があります。
仮契約の際には、申込金の金額とキャンセル料に注意してください。
申込金やキャンセル可能日時、返金までの日数などに注意して仮契約に臨みましょう。

本契約の際は、着工日、工事完了日、引き渡し日を決めてください。
書類に上記内容が記載されていない場合は、契約をしないようにしましょう。
日付が明確に記載されていることを確かめてから契約してください。

また、支払日のスケジュールもチェックしておきましょう。
さらに、引き渡しが遅れた場合の違約金も確認することをおすすめします。

 

□まとめ

 

今回は、契約の流れと注意点を解説しました。
注文住宅を契約する際の流れと注意点を把握したうえで、契約を進めていけると安心です。
また、仮契約と本契約時にはご紹介した注意点をぜひ参考にしてみてください。
注文住宅に関して相談がある方はぜひ当社をご利用ください。

CALENDER
2020.05
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

ARCHIVE

この記事を書いた人

津留建設お役立ち情報

津留建設お役立ち情報