BLOGブログ

スタッフブログ

2020.3.10
お役立ち情報

マイホームをご検討中の方へ!気になる注文住宅と建売住宅の違いとは?

「マイホームを買いたいけど、なにが良いのかわからない。」

「建売住宅と注文住宅の違いがわからない。」

このようなお悩みをお持ちの方はいませんか?

建売住宅と注文住宅はそれぞれにメリットやデメリットがあります。

そこで今回は、建売住宅と注文住宅の違いについてご紹介します!

□建売住宅の違いやメリット・デメリット

まずは、建売住宅の違いやメリット・デメリットについていくつかご紹介します。

建売住宅とは注文住宅と違い、すでに建てられている住宅のことです。

すでに建てられているものなので、注文住宅に比べ価格が安く価格を見てから購入できるというところがメリットとして挙げられます。

また、実際の住宅を確認できる上に、購入から引っ越しまでの期間が短いのもメリットです。

建売住宅は建築士が考え抜いた構造になっているので、とても生活のしやすい住宅です。

しかし、デメリットとしてはもうすでに建ってしまっている住宅なので、間取りや部屋の広さを変更できないです。

家の内装だけでなく、外観に関してもすでに決まっているので変更はできません。

もし、デザインや細部にこだわりを持っているのであれば建売住宅はおすすめできません。

□注文住宅の違いやメリット・デメリット

つぎに注文住宅の違いとメリットやデメリットについていくつかご紹介します。

注文住宅は主に、家の間取りやデザイン、外観などをご自身で決めていただくもののことをいいます。

注文住宅の大きなメリットとしては、自分の理想の家を建てられるというところです。

また、基本的に土地と住宅を別々で購入するので、自分好みの家の大きさや部屋の大きさを選べます。

他には、家を設計する段階から関われるため、気になるところなどを随時相談でき、家への愛着もわきます。

しかし、デメリットとしましては建売住宅のように価格がはっきりしていないため、理想の家にすると予算をオーバーしてしまったり、予想外の費用がかかってきたりする可能性があります。

また、1から住宅を建てていくので購入から引っ越しまでの期間が長いです。

壁紙や外壁なども決めていくので、時間と手間がかかるのもデメリットです。

ただ、これから住む家ならば自分の理想の住宅を建ててみることで、これからの生活が楽しくなるのも間違いないでしょう。

□まとめ

今回は、建売住宅と注文住宅の違いやメリット・デメリットについていくつかご紹介しました。

ご自身がどういう住宅を求めているかで選び方は大きく変わってきます。

これから住宅の購入を買おうとお考えの方は、ぜひこの記事を参考に理想の家を見つけてください!

CALENDER
2020.03
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

ARCHIVE

この記事を書いた人

津留建設お役立ち情報

津留建設お役立ち情報