BLOGブログ

スタッフブログ

2021.3.22
お役立ち情報

福岡・久留米・佐賀在住の皆さん!注文住宅と分譲住宅について解説します!

皆さんは注文住宅と分譲住宅について、どれくらいご存知ですか。
この2つの住宅に違いがあることはおわかりでしょう。
しかし、詳しい違いについてご存知の方は少ないですよね。
そこで今回は注文住宅と分譲住宅について紹介します。

 

□注文住宅と分譲住宅の違いについて

注文住宅と分譲住宅の大きな違いは、住居を建てるところからご自身で行うか、元から作られている家を購入するかという点です。

注文住宅は土地を購入し、その土地に自分好みのデザインや間取りを決め、ご自身の理想により近い家を建てられます。

分譲住宅は不動産会社が土地を購入してその場所に家を建て、購入者は土地と家を不動産から同時に購入します。

この2つの違いは土地を買うか、家を買うかということであることをおわかりいただけたでしょう。

 

□注文住宅と分譲住宅のメリットとデメリットについて

先ほどは、注文住宅と分譲住宅の違いについて紹介しました。
では、それぞれにどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。
ここではメリットとデメリットについて紹介します。

はじめに注文住宅についてです。

注文住宅のメリットは、自分好みの家を作れるということです。
土地を購入してから家を建てるため、土地を購入する時からどのような家に住みたいかという理想に向かって家を設計し、建てられます。
部屋の広さや間取り、外観や内装のデザイン、そして設備に関しても自分好みにカスタマイズできます。
また、注文住宅は建設時からご自身で確認できるため、常に建物の状態も確認できて安心ですね。

反対に、デメリットとして挙げられることは、予算が高くなりがちということです。
ご自身の理想に近づけようとして予算がオーバーしてしまうことが度々あります。
また、細かいところまで考える必要があるため、時間がかかることもデメリットとして挙げられます。

次に、分譲住宅についてです。

分譲住宅のメリットとしては、注文住宅と比べると予算がかからないということです。
家自体を購入しているため、その購入額以上に予算がかかることがありませんよね。
また、分譲住宅は専門家が設計しているため、ある程度の住みやすさは保証されているといえるのではないでしょうか。
他にも土地に関してもしっかりと整備されていることもメリットとしてあげられますね。

反対にデメリットとしては間取りや広さを選べないということです。
ご自身の理想や好みにこだわりたい方には向かないでしょう。

これらのことから、注文住宅と分譲住宅のどちらにもそれぞれ、良い点も悪い点もあることがわかりましたね。

 

□まとめ

今回は注文住宅と分譲住宅について紹介しました。
それぞれの違いや良い点も悪い点についてもおわかりいただけたでしょう。
ご自身の理想である、世界に1つだけの家を手に入れたいという方には注文住宅をおすすめします。
住宅を購入される際に、この記事を参考にしていただければ幸いです。

CALENDER
2021.03
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

ARCHIVE

この記事を書いた人

津留建設お役立ち情報

津留建設お役立ち情報