BLOGブログ

スタッフブログ

2020.9.12
お役立ち情報

福岡・久留米・佐賀にお住いの方必見!注文住宅のZEHについて解説します!

「ZEH(ゼッチ)住宅」について興味をお持ちの方はいらっしゃいませんか。
ZEH住宅は省エネルギー住宅の中でも最近話題性があるものです。
今回は、そんなZEH住宅の特徴や補助金についてご紹介します。

 

□ZEH住宅って何?その特徴は?

まず、ZEHはネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの略である、一次エネルギー消費量の収支をゼロにすることを目指した住宅です。
具体的には、外皮の断熱性能等の大幅向上・高効率な設備システムの導入により、室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネルギーを実現します。
さらに、再生可能エネルギーを導入することによって、一次エネルギー消費量の収支ゼロを実現します。
つまり、ZEH住宅は無駄なエネルギーをできるだけ使用せずに暮らし続けられる住宅だと言えるでしょう。
国としてもZEH住宅を推奨していて、補助金制度も整えられているほどです。

そんなZEH住宅には、他にもメリットと言える特徴があります。
1つ目に、一般的な住宅よりも気温面の快適さが向上することです。
一般的な住宅では、暑いときは冷房をつけ、寒いときには暖房をつけますよね。
ZEH住宅は断熱性が高いので、冷暖房をあまり使用しなくても快適に過ごせるでしょう。

2つ目に、災害の際に安心できる要素が多いことです。
災害の際には、地震や豪雨によってライフラインが切断され、生活がままならない状態になる可能性がありますよね。
ZEH住宅では、太陽光発電や蓄電システムを備え付けています。
万が一の災害のときに電気やガスなどのインフラ設備がダウンしても、このようなシステムがあれば安心できますよね。

 

□ZEH住宅の補助金制度についてご紹介

前述の通り、ZEH住宅では国からの補助金制度も整えられています。

補助金を受け取るためにはいくつかの条件があります。
まず、住宅がNearly ZEHかZEH Orientedであることです。
Nearly ZEHでは対象が寒冷地、低日射地域、多雪地域に限られ、ZEH Orientedでは都市部狭小地の2階建以上、および多雪地域に限られるでしょう。

次に、ZEHロードマップにおける「ZEH」の定義を満たしていること、SII(一般社団法人 環境共創イニシアチブ)に登録しているZEHビルダー、もしくはプランナーが対応(設計、建築、改修または販売)する住宅であることも必要です。

これらの条件を満たし認められた場合、1戸あたり60万円の補助金が受け取れます。

2020年(令和2年)のZEHの内容は環境省・国土交通省・経済産業省のサイトで発表されていますので、詳細について知りたい方はご確認ください。

 

□まとめ

今回は、ZEH住宅の特徴や補助金についてご紹介しました。
ZEH住宅にご興味のある方は、当社でも無料でご相談を受け付けておりますのでぜひ一度お問い合わせください。

CALENDER
2020.09
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930

ARCHIVE

この記事を書いた人

津留建設お役立ち情報

津留建設お役立ち情報