BLOGブログ

スタッフブログ

2020.12.5
お役立ち情報

注文住宅を建てる際の防犯対策を解説します!

注文住宅を建てる際には、外観や間取りにこだわりがある方も多いのではないでしょうか。
せっかく住宅を建てるなら、おしゃれで素敵な家にしたいですよね。
しかし、注文住宅の購入時には防犯対策も忘れてはいけません。
これから安心して住み続けるためには、防犯対策は必須でしょう。
今回は、防犯対策についてご紹介します。

 

□泥棒に狙われやすい家の特徴とは

防犯対策をする上で、泥棒に狙われやすい家の特徴を知っておくと良いでしょう。
はじめに、狙われやすい家の特徴をご紹介します。

まず、下見がしやすい家です。
泥棒は侵入する前に家の下見をし、窓の位置や家族がいない時間帯を調べています。
そのため、道路に接している部分が多い家や、外から中の様子が見えやすい家は狙われやすいでしょう。

次に、防犯設備がない家です。
当然、防犯対策が施されていない家は侵入しやすいですよね。
オートロックやセンサーライトが設置されていなければ、狙われる可能性も高くなってしまうでしょう。

最後に、留守にしていることがわかりやすい家です。
例えば、夜になっても明かりがついていないと留守にしていることが外にわかってしまいます。
そのような家は、泥棒のターゲットになりやすいでしょう。

 

□おすすめの防犯設備をご紹介!

続いて、注文住宅を建てる際に実践できる防犯対策について確認していきましょう。

1つ目は、防犯ガラスにすることです。
泥棒の侵入経路としては、窓が多いです。
防犯ガラスでは2枚のガラスの中に特殊なフィルムが挟んであるため、割れにくくなっています。
また、防犯フィルムを貼ることでも対策は可能でしょう。
貼る際には隙間なく貼ることがポイントです。

2つ目は、補助錠を取り付けることです。
もともと補助錠が付いている窓やサッシなら安心ですが、そうでない場合は付けておいた方が良いでしょう。
補助錠を取り付けることで泥棒が侵入するのに時間がかかり、侵入を試みたとしても諦める可能性が高いからです。

3つ目は、センサーライトや砂利を設置することです。
これらを設置することで、家族や周囲の人にも気づかれやすくなるでしょう。
2つを合わせて設置すると、さらに高い効果が期待できますよ。
このような防犯対策を行うことで、泥棒の侵入から家を守れるでしょう。

 

□まとめ

今回は、注文住宅での防犯対策についてご紹介しました。
防犯対策を徹底し、新しい住宅でこれからも安心して過ごしましょう。
当社では、お客様の納得のいく住まいづくりを徹底サポートいたします。
注文住宅をご購入する際はぜひ当社にお任せください。

CALENDER
2020.12
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

ARCHIVE

この記事を書いた人

津留建設お役立ち情報

津留建設お役立ち情報