BLOGブログ

スタッフブログ

2020.6.27
お役立ち情報

福岡・久留米・佐賀で注文住宅を検討中の方へ間取りにおける収納の考え方について紹介

注文住宅を検討中の方で、収納の間取りに関心がある方はいらっしゃいませんか。
家は多くの物で溢れます。
そのため、物を綺麗に片付けられる収納スペースは必要不可欠です。

収納の間取りを考える時に、最適な収納を作るための重要なポイントがあります。
そこで今回は、収納を考えた間取りについて紹介しましょう。

 

□収納の間取りでは使い勝手が重要である

収納は、ただ数を多く設置すれば良いわけではありません。
収納の間取りを考える上で重要なことは、プランを立てることです。

まずは、自分のタイプを知りましょう。
どんなに収納スペースがあっても、それが自分のタイプに合わなかったら、片付きません。
例えば、衣類を片付ける場合、一目でわかるハンガーが良いのか、見えないように収納できる引出し系の収納ケースが良いのかで大きく違います。
自分のこれまでの生活スタイルを振り返り、何が自分のタイプに合うのか考えましょう。

次に、持ち物と収納したい場所を考えましょう。
まず、今の持ち物を確認してください。
その際に、新築に持って行く必要がない物は、断捨離することをおすすめします。
そして、新築に持って行く持ち物を、どこに収納するのかはっきり考えましょう。

最後に、予算をふまえて収納の間取りを考えましょう。
広く収納スペースを確保したい場合は、その分家の面積を広くする必要があり、予算がオーバーしてしまう可能性があります。
また、細かく仕切られた収納の間取りをお考えならば、高い費用がかかるでしょう。

しかし、収納棚だけを職人に頼めば、比較的安いです。
予算とのバランスを考えて収納の間取りを工夫しましょう。

一般的に、衣類や他の物を片付けるための収納スペースは、1人2帖と言われています。
収納の間取りを考える際に、目安の広さとして参考にしてください。

 

□階段下とロフトの収納が便利である

収納の間取りを考える中で、階段下とロフトに収納スペースを設けると便利です。
そこで、階段下とロフトそれぞれの実例を紹介しましょう。

 

*階段下の収納について

1つ目の実例が、階段下を家族で使える本棚にすることです。
そうすると、ベンチに座り、家族で一緒に本を読めたり、子供に読み聞かせできたり、家族で趣味を分かち合う場所ができるでしょう。

2つ目の実例が、階段下に土間続きの収納空間を作ることです。
階段下に扉がついた収納部屋を設置することで、隠れ家のような雰囲気の部屋を作れるでしょう。
また、土間続きなので、自転車や遊び道具も置けます。

 

*ロフト収納について

木のぬくもりを感じられるデザインのロフトを設計するのも良いでしょう。
そこに、収納ケースを置くことで、収納場所として使え、子供部屋としても有効活用できます。

 

□まとめ

収納を考えた間取りについて紹介しました。
自分の家族に合わせた最適な収納を設置することで、より簡単に綺麗に片付けられるでしょう。

CALENDER
2020.06
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930

ARCHIVE

この記事を書いた人

津留建設お役立ち情報

津留建設お役立ち情報