BLOGブログ

スタッフブログ

2021.1.31
お役立ち情報

注文住宅の和室について解説します!

注文住宅をご検討中の皆さん、和室についてご存知ですか。
日本人にとって和室は馴染み深い間取りの1つでしょう。
そんな和室ですが、ご自身の家を建てる時に必要か悩む方もいらっしゃるでしょう。
今回は注文住宅の和室について解説します。

 

□和室のメリットとデメリットについて

まずは和室のメリットとデメリットを比較しましょう。

メリットの1つは、様々な使い方ができることでしょう。
一般的に家の中の間取りは、ある特定の使い方がされるようになっています。
しかし、和室は客間、寝室、子供の遊び場など様々な使い方ができます。
このため、使用頻度の低い客間と客人用の寝室を別々に作る必要がなくなるので、便利と言えるでしょう。

また、畳や木材を使用していることからリラックス効果を得られることもメリットの1つでしょう。
和室で過ごすと、心が落ち着きますよね。

その一方で、定期的なメンテナンスが必要になるといったデメリットも存在します。
障子は破れやすいですし、畳もフローリングよりも傷みやすいので、交換する必要が出てきます。
この際に、費用が発生することも理解しておきましょう。
和室を作る際には、しっかりと手入れを行ってくださいね。

 

□和室を作る際のポイント

続いては、和室を作る際に確認しておきたいポイントを紹介します。

まずは和室のためのスペースを確保しましょう。
一般的に、4.5から6畳ほどのスペースが必要になります。
押入れや収納を設置する場合は、それも踏まえて間取りを決めましょう。

また、和室のテイスト選びも重要になります。
家全体が洋式であるのに、和室のみ純和風なものにすると間取りの中で浮いてしまいます。
色や中のレイアウトを工夫することで、和室が家の中に違和感なくおさまるようにしてください。

例えば、照明をシーリングライトから、紙などの自然の素材を使用したものに変更することも有効な手段の1つでしょう。
さらに、小物にもこだわることで和室のイメージを調整できるようになります。

さらに、居室とのバランスにも留意してください。
どちらかが、もう片方を圧迫してしまってはいけません。
バランスを意識して、和室を設計してくださいね。

 

□まとめ

今回は注文住宅における和室について解説しました。
日本で注文住宅を建てるにあたって、和室を導入したいと考える方は少なくないでしょう。
実際に和室の設計をされる際には、これらの内容を参考にしてくださいね。
和室以外にも、注文住宅に関するご不明点等ございましたら、お気軽に当社までご連絡ください。

CALENDER
2021.01
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

ARCHIVE

この記事を書いた人

津留建設お役立ち情報

津留建設お役立ち情報