BLOGブログ

スタッフブログ

2021.8.20
お役立ち情報

注文住宅の敷地調査とは?住宅の業者が解説します!


 
注文住宅の検討を進めていくと、敷地調査を必ず行います。
しかし、多くの方がよくわからないからと専門業者に任せてしまいがちです。
事前に敷地調査がどのようなものなのかを理解しておけば、実際に調査を行う際に専門業者に任せっきりにはならないでしょう。
そこで今回は、敷地調査について解説します。

 

 

□敷地調査とは?

敷地調査とは、登記簿上の面積と実際の土地の面積が一致しているか正確に測量することです。
この工程がなければ、実際に土地に住宅を建てた後に欠陥が見つかるといった問題が起こりえます。
そのため、土地に注文住宅を建てる前に敷地調査を行うのはとても重要です。
 
他にも、土地に面する道路や隣地との高さの差や、インフラの配管が通っているか、地盤に問題はないかなども確認します。
 

 
もしインフラの配管が整っていなければ引き込み工事が必要なため、場合によっては土地の所有者に工事の承諾を得る必要があります。
 
 

 
また、地盤が軟弱な場所に建設してしまうと、住宅が傾いたり、沈んでしまったりするため注意が必要です。もし地盤に問題があると分かった場合は、地盤改良工事を行ってから基礎工事を行うという流れになります。
 
このように、敷地調査は住宅を建てる前に土地の安全性を確認する作業です。そのため、専門業者だけでなく、実際住むみなさんも敷地調査の内容を理解しておくことが大切です。

 

□敷地調査と同時にやるべきこととは?

敷地調査は土地についての調査ですが、現地に行って調査をするため、同時に周辺状況も調査できます。ここでは、その時に調査すべきことを2つご紹介します。

 
1つ目は、敷地周辺の環境を調べることです。
場所によっては、日当たりが良くない、風通しが悪い、隣家が近くてプライバシーがないといったことがあります。そのため、事前に敷地周辺の環境を確認しておきましょう。
 
2つ目は、敷地周辺の街並みを調べることです。
注文住宅だからと言って、好きなように住宅を建ててしまうと、周りの住宅から浮いてしまうことがあります。
事前に周辺にどのような住宅が多いのか調査しておき、それを基にデザインが考えられると良いですね。

 

□まとめ

今回は、敷地調査について解説しました。
敷地調査を事前に行っておくことで、後々のトラブルの多くを未然に防げますよ。
そのため、住宅を建てられる皆さんもしっかりと敷地調査の結果を理解しておきましょうね。
もし何かご不明な点がございましたら、ぜひ弊社にご相談ください。

CALENDER
2021.08
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

ARCHIVE

この記事を書いた人

津留建設お役立ち情報

津留建設お役立ち情報