BLOGブログ

スタッフブログ

2021.6.8
お役立ち情報

注文住宅で失敗しないために!注意点を紹介します!

「注文住宅を建てたいけど、失敗を避けるにはどのようにしたらよいのだろう」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
そこで今回は、注文住宅を建てる前に失敗例を知っておくと良い理由や失敗を減らすためのポイントについてご紹介します。
注文住宅の購入をお考えの方の参考になれば幸いです。

 

□失敗例を知ることが大切な理由とは?

注文住宅は建売や分譲住宅と違い、自由に設計できるのが大きな特徴です。
そのため、多くのことを施工主が判断し、決定していく必要があります。
選択肢が非常に多いため、迷ってしまう場合もあるでしょう。

このようにたくさんのことを自分で決めるため、注文住宅を建てた方の多くは「ここはこうすればよかった」と後悔してしまうケースが多いです。
なぜなら、実際に住んでみないと分からない要素がたくさんあるからです。
そのためこれから注文住宅を購入する方は、自分が失敗しないためにも、あらかじめ注文住宅を建てた方の失敗例を知っておくことが大切です。

 

□失敗を減らすためのポイントとは?

ここで、注文住宅を建てる際に失敗をなくすためのポイントをご紹介します。

1つ目は、可変性のある間取りにすることです。
造り付け家具にしてしまうと模様替えをするのが難しくなってしまいます。
そのため、子供部屋や寝室などの将来のライフスタイルによって変化する可能性がある部屋は、その変化に対応できるように設計するのが大切です。
自分達の将来のライフスタイルをイメージして、その変化に対して柔軟に対応できる間取りを設計しましょう。

2つ目は、家事動線と生活動線に配慮することです。
近年、回遊動線が流行っています。
回遊動線は家事効率が上がるメリットもありますが、回遊性にこだわりすぎると生活動線に支障をきたして、日常的なストレスを生む場合もあるので注意しましょう。

例えば、キッチンから玄関の距離が長ければ、ゴミ出しの際や料理中の来客などささいなことでもストレスに感じる場合があります。

また、洗面脱衣室をキッチンのそばに配置すると、家事動線と生活動線が干渉してしまう可能性もあります。
家事動線も大切ですが、動線を短くシンプルにすることや家事動線と生活動線を干渉させないというポイントも押さえておくと良いでしょう。

 

□まとめ

今回は、注文住宅を建てる際に失敗を避けるための注意点についてご紹介しました。
注文住宅で失敗してしまわないためにも、この記事で紹介した内容を参考にしてみてください。
注文住宅をお考えの方はぜひ一度当社にご相談ください。

CALENDER
2021.06
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930

ARCHIVE

この記事を書いた人

津留建設お役立ち情報

津留建設お役立ち情報