BLOGブログ

スタッフブログ

2021.9.7
お役立ち情報

間取りのポイントをご紹介します!

間取りのポイントやアイデア
 
快適な家で重要なこととは何だと思いますか。
やはり何と言っても間取りでしょう。

今回は、快適な家にする間取りのポイントやアイデアを紹介します。

 

□間取りづくりで押さえるべきポイントとは

間取りづくりで押さえるべきポイントは大きく3つあります。
 
採光は快適さにかかわってきます。
 
1つ目は、採光です。

採光は快適さにかかわってきます。
そのため、間取りを考える上でとても重要です。
家を建てる土地を確認し、どの位置、方角が、日当たりが良いか、逆に悪いかを把握しておきましょう。
 
一般的に、リビングは生活時間が長いので、気持ちの良い光が入りやすい南東に面した場所に配置します。トイレや浴室のような水回りは、日当たりの良くない北西にする場合が多いです。
 
風をうまく取り込みましょう。
 
2つ目は、風通しです。

気持ちの良い風が入る部屋は居心地も良いです。
風をうまく取り込みましょう。
 
具体的には、窓を2か所以上につけるのがよいでしょう。
 
具体的には、窓を2か所以上につけるのがよいでしょう。
対面で一直線に結べる位置に配置すると、風通りはよくなります。

また、高い位置と低い位置に窓をつけるのも有効です。
暖かい空気は上に、冷たい空気は下にたまります。
そのため、上下に窓を設置すると、効率よく部屋の換気が行えます。
 
家族1人1人の生活を想定し、誰がどの部屋にどれくらいいるのか整理してみましょう。
 
3つ目は、生活動線です。

家族によって生活動線は異なります。
家族1人1人の生活を想定し、誰がどの部屋にどれくらいいるのか整理してみましょう。
また、家事動線は効率性が大事です。
家事動線が効率的だと、家事に費やす時間を減らせます。

 

□採用したい間取りのアイデアとは

具体的に間取りのアイデアを紹介します。
 
対面式キッチンは、料理をしながら、リビングの様子を確認できます。
 
1つ目は、対面式キッチンです。

対面式キッチンは、料理をしながら、リビングの様子を確認できます。
そのため、家族との会話やコミュニケーションがとりやすくなります。
 
対面式キッチンは、料理をしながら、リビングの様子を確認できます。
 
2つ目は、リビングに隣接する和室です。

対面式キッチンを採用するならば、和室もおすすめです。
子供の遊びスペースや昼寝スペースとして活用できます。
リビングと隣接しているので、子供から目を離すことも少なくて済みます。
 
ウォークインクローゼット
 
3つ目は、ウォークインクローゼットです。

ウォークインクローゼットは、通常のクローゼットより収納スペースが広いです。
そのため、たくさんのものを収納できます。

家族共用で使用するファミリークローゼットにする家庭も増えています。
小さな子供がいる場合、自分の服と子供の服をまとめておけます。

 

□まとめ

今回は、快適な家にする間取りのポイントやアイデアを紹介しました。
これを参考にぜひ快適な家づくりをしてください。

CALENDER
2021.09
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930

ARCHIVE

この記事を書いた人

津留建設お役立ち情報

津留建設お役立ち情報