BLOGブログ

スタッフブログ

2021.6.20
お役立ち情報

ワークスペースについて紹介します!


  
「ワークスペースをつくりたい」

「作業に集中できる環境が欲しい」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
 
そこで今回は、注文住宅におけるワークスペースについてご紹介します。
ワークスペースの設置を検討している方は、これから紹介する内容をぜひ参考にしてください。

□ワークスペースとは?

近年、コロナウイルスの流行によってテレワークが主流になりましたよね。
それによって、家にいる時間が以前と比べて増えた方は多いのではないでしょうか。
しかし、家では仕事に集中できないかたもいらっしゃるでしょう。
そんな方におすすめなのが、ワークスペースを設けることです。
 
ワークスペースとは、仕事や趣味のために使えるスペースのことです。
ワークスペースを設けるメリットには、集中できる環境を得られること、プライバシーを確保できること、メリハリのある生活を送れることなどが挙げられます。
 
これまで、ダイニングテーブルなどで作業を行っていた方もいらっしゃるでしょう。
しかし、その場合食事の度に書類などを片づける必要があるので非効率だと感じた方も多いと思います。
集中して作業ができるワークスペースをつくれば、効率よく作業に没頭できます。
 
独立的なワークスペースにすれば、プライバシーも確保できるでしょう。
また、ストレスが軽減されたり来客時に見られたくないものを収納したりもできます。
ワークスペースを設ければ、このようにたくさんのメリットを得られるのでおすすめです。

□ワークスペースのタイプと特徴について

 
ワークスペースのタイプは主に3つあります。
それぞれの特徴も見ていきましょう。
 
1つ目は、完全個室型です。
集中して仕事を行いたい方や打ち合わせが多い方などにおすすめの間取りです。
このタイプは、家族の話し声やペットの鳴き声なども聞こえないため、ウェブ会議の際も安心です。
また、仕事と日常生活のオンとオフの切り替えにも有効です。
 
2つ目は、半個室型です。
ロフトやスキップフロア、LDKなどの一角に2から3面の壁で囲まれた小さな空間をつくり、半個室にします。
遮音性は個室型に比べて劣りますが、空間の有効活用もできます。
 
3つ目は、オープンワークスペース型です。
これは、リビングや廊下の一角をワークスペースにする方法です。
家事や子育ての合間ですぐに仕事に取りかかれることが魅力です。

□まとめ

 
今回は、ワークスペースについてご紹介しました。
ワークスペースには3つのタイプがありますので、ご自身の希望にあったものを選ぶようにしましょう。
注文住宅でワークスペースを設けたいとお考えの方は、ぜひ一度当社にご相談ください。
CALENDER
2021.06
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930

ARCHIVE

この記事を書いた人

津留建設お役立ち情報

津留建設お役立ち情報