BLOGブログ

スタッフブログ

2020.10.23
お役立ち情報

福岡・久留米・佐賀で注文住宅を検討中の方へ!ウォークインクローゼットについて解説します!

寝室の収納がうまくいかないという方はいらっしゃいませんか。
そんなときはウォークインクローゼットがおすすめです。
今回は注文住宅のウォークインクローゼットについて解説します。

 

□ウォークインクローゼットのメリットとデメリットについて

ウォークインクローゼットのメリットとデメリットを知っていますか。
まずはウォークインクローゼットのメリットについて見ていきましょう。
メリットは2つあります。
1つ目は、収納できる量が多いことです。
ウォークインクローゼットの一番の目的でもあります。
そのため、たくさん収納でき、服や物が多い家庭にとっては室内をきれいに見せるための収納空間にもなるでしょう。
2つ目は、寝室に設置すると便利になることです。
多くの方は寝室にウォークインクローゼットを置きたいと考えています。
理由は、衣類の取り出しや着替えのときに手間をかけなくて済むことです。
寝室は着替えやすい場所にしておくと時短にもなっていいですよね。
他にも布団をしまえたり、扇風機や加湿器などもしまえたりします。
ウォークインクローゼットは利用したいものを利用したい時にすぐに取り出せる手軽さが良いでしょう。
次にデメリットを見ていきましょう。
デメリットは大きなスペースが必要になることと通路がデッドスペースになることです。
大きなスペースが必要になることに関してはわかると思います。
場合によっては、部屋数を減らしたり、スペースが狭くなったりするのでしっかり確認するようにしましょう。
作るときは満足のいく間取りになるようにしましょう。

 

□ウォークインクローゼットの基礎知識について

ここからはウォークインクローゼットの広さ、換気、扉の必要性について紹介します。
一般的に広さは2〜3畳程度です。
換気が必要なのかどうかは気になるところですよね。
換気は掃除の際に空気をしっかり入れ替えしたい方は窓を設置して行っても良いでしょう。
最後に扉の必要性です。
これは、設置する場所や中に収納するものによって変わります。
利便性を高めるためには、扉をつけないという方もいらっしゃいます。
ご家庭でしっかり検討して決めてください。

 

□まとめ

今回は、注文住宅のウォークインクローゼットについて解説しました。
ウォークインクローゼットは寝室前に置くと便利で、収納できる量が多いです。
寝室の収納でお悩みの方はぜひ取り入れてみてください。
わからないことがあればお気軽に当社にご相談ください。

CALENDER
2020.10
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

ARCHIVE

この記事を書いた人

津留建設お役立ち情報

津留建設お役立ち情報