BLOGブログ

スタッフブログ

2020.8.23
お役立ち情報

福岡・久留米・佐賀で、お悩みの方へ!パントリーの利点を解説します!

注文住宅の建設を検討中の方で、パントリーについて気になっている方はいらっしゃいませんか。
パントリーは食品を収納する小室または収納スペースのことを指します。
キッチンに設置することで、より便利な調理環境にできるかもしれません。
今回は、パントリーを設置する利点をご紹介します。

 

□パントリーを設置する利点をご紹介

パントリーには、主に飲み物や食料品、調理器具を収納することが多いです。
そのため、食品貯蔵庫や食器室と呼ばれることもあります。
そんなパントリーをキッチンに備え付けることには、どんな利点があるのでしょうか。

1つ目に、食材やキッチンで使用するものの収納スペースが増やせることがあげられます。
近頃は外出を控えている方が多く、食料品を買いだめしているという方も多いのではないでしょうか。
パントリーがあれば、収納スペースが増えるため多くの食材を買っても保存できるでしょう。
また、洗剤やキッチンペーパー、ゴミ袋などのキッチン用品を収納する場所としても活用できます。

2つ目に、食品の整理がしやすくなるという点があげられるでしょう。
シンクの下や食器棚のスペースに食品を置いておくと、見た目も美しくないばかりか、どこに何があるのか分からなくなってしまいますよね。
しかし、パントリーならどこに何があるのかがすぐにわかるので整理整頓がしやすいです。
また、スペースに余裕があるので、100円均一で購入できるボックスを使えば、さらにきれいに収納ができます。

 

□パントリーを設置するデメリットは何?

パントリーを設置する際には、デメリットになりうることもあるので注意が必要です。
例えば、大きくスペースをとってしまう可能性があることが挙げられます。
キッチンのスペースに余裕がないのにパントリーを作ってしまうことで、調理の際に作業ができるスペースが狭くなってしまうかもしれません。

このデメリットを防ぐためには、収納するものや生活動線を想定して使いやすい幅や奥行にすることを意識すると良いでしょう。
また、扉を開き戸ではなく引き戸にすることで、通行の妨げになるのを防げます。

このように、さまざまな工夫をすることで、本当に便利なキッチンづくりに仕上がるでしょう。

 

□まとめ

今回は、パントリーを設置する利点と気を付けるべき点をご紹介しました。
こちらの記事を参考に、パントリーの設置について考えてみてはいかがでしょうか。
注文住宅の建設やデザインについてご相談があれば、当社までお気軽にお問い合わせください。

CALENDER
2020.08
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

ARCHIVE

この記事を書いた人

津留建設お役立ち情報

津留建設お役立ち情報