BLOGブログ

スタッフブログ

2020.7.23
お役立ち情報

注文住宅をお考えの方へ間取りを快適にするポイントを紹介します

快適な生活を過ごすためには、どんな間取りがいいのかお悩みの方はいらっしゃいませんか。
家庭によって様々なご希望がございますよね。
今回は、福岡・久留米・佐賀で注文住宅をお考えの方へ間取りを快適にするポイントを紹介します。

 

□快適なリビングのための間取り

快適なリビングにしたいとお考えの方は多いですよね。
リビングは、間取りや広さ、設備など検討事項がたくさんあります。
ここではリビングの間取りで押さえておきたいポイントやメリットとデメリットについてご紹介します。

リビングの間取りの種類は大きく分けて2つあります。
リビングとダイニングが別になっているタイプと、リビングとダイニングの一体型です。

 

*リビングとダイニングが別型の特徴

このような場合は、家族団らんのリビングと食事をとるダイニングが別々になっています。
テレビを見ながら食事をとらないため、家族とのコミュニケーションが活発になるメリットがあるでしょう。
リビングからダイニングへの移動が面倒な点がデメリットでしょう。

 

*リビングダイニング一体型の特徴

このような一体型は今、人気の形です。
さらに、キッチンも同じスペースにあるケースが多いです。
このような一体型は、間仕切りの壁がないため、同じ広さの住宅でも開放感があります。

そして、ダイニングからリビングへの移動がスムーズな点もポイントです。
台所にいながら、子供の様子をチェックできるので家族も安心できるでしょう。

デメリットはキッチンやダイニングの食事のにおいや煙がリビングに流れ込んでしまうことでしょう。
換気扇を常に回し、こまめに窓を開ける工夫が必要です。

 

□間取り作りで抑えるべきポイント

注文住宅を建てるための土地を検討することになっても、十分な広さの真四角の土地は逆に珍しいかもしれません。
狭小地や変形地など、難しい土地の条件ごとに間取りを考えるコツをご紹介します。

狭小地の場合、縦に間取りをとれば、オープンな空間を作り出せます。
また、仕切りを極力減らすことで、開放感を生み出せるでしょう。
さらに、ワンフロアのお部屋にしたり、階段を部屋の中に作ったりすることで、視覚で広さを生み出せます。

変形地では、土地の空いたスペースを逆に活用できます。
台形のようないびつな形や傾斜地などは、間取りを考えるのが難しくなるでしょう。
しかし、リビングから庭を見渡せるようにしたり、駐車スペースを作ったりして活用できます。
工夫次第で、空いたスペースを自分らしい間取りで楽しんでください。

 

□まとめ

リビングの間取りや間取りが難しい土地の活用についてご紹介してきました。
家庭によって、希望の間取りそれぞれ違いますよね。
ぜひ、自分たちらしい快適な間取りを見つけてください。

CALENDER
2020.07
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

ARCHIVE

この記事を書いた人

津留建設お役立ち情報

津留建設お役立ち情報