BLOGブログ

スタッフブログ

2020.7.9
お役立ち情報

福岡・久留米・佐賀に在住の方へ 注文住宅のデザインで後悔しないためのポイントを紹介します

注文住宅の建築をお考えの方はいらっしゃいませんか。
人生で一度の家づくり、失敗は避けたいですよね。
そこで今回は、実際にあった失敗例と注文住宅で後悔しないためのポイントを紹介します。

 

□注文住宅の失敗例をご紹介

今まで、どんなデザインの失敗があったのか見ていきましょう。

1つ目は、収納スペースの不足です。
収納の数が足りなかったり、収納スペースを使いにくい場所に設置してしまったり、収納のタイプが自分に合わなかったりという失敗が挙げられるでしょう。
この原因は、子供の成長や日々の生活で、どんどん物が増えていき、収納スペースが足りなくなったことです。

多くの人は、現在持っている物だけを片付けるための収納スペースを考えてしまいがちです。
将来を見据えた収納スペースを設けましょう。

2つ目は、寝室がうるさいことです。
例えば、トイレの近くに寝室を設置すると家族がトイレに行くたびに目が覚めてしまいます。
また、道路側に寝室を置くと、車の騒音で眠りにくいでしょう。

このような騒音で眠れないとストレスが溜まります。
周りの環境を考えて、寝室をどこに置くか決めましょう。

3つ目は、コンセントの不足です。
現代は、携帯やパソコン、タブレット、ドライヤーなどの電子機器で溢れています。
延長コードを使うことは1つの手ですが、コードが絡まったり、埃が溜まったりするかもしれません。

そのため、コンセントの高さや数を十分検討しましょう。
余分のコンセントを設置することがおすすめです。

4つ目は、日当たりです。
家の方角や周囲の建物によって、家に入ってくる日当たりは大きく変わります。
例えば、ベランダの位置を間違えると、洗濯物が乾きにくくなるでしょう。
採光の問題は専門知識がないと難しいので、設計士にしっかり説明してもらいましょう。

 

□注文住宅で後悔しないためのポイントとは

1つ目は、家と暮らしのイメージを明確に持つことです。
「自分はこんな家に住みたい」とイメージを持つことが大事です。
イメージを持つことで、設計士に自分の希望をしっかり伝えられ、自分の希望や生活に合わない設計を判断できます。
事前に家族と話し合って、明確なイメージを作りましょう。

2つ目は、注文住宅について勉強することです。
家づくりは初めての人がほとんどで、専門的な知識を持つ人は少ないです。
しかし、家づくりの時は、様々なことを判断し、決定する必要があります。
そのため、インターネットや本で、ある程度の知識を勉強すると良いでしょう。

3つ目は、実際の家を見ることです。
一番のおすすめは、モデルハウスを訪ねることです。
実際に見ると、イメージを持ちやすくなりますし、その場で気になることを質問できるので良いでしょう。

4つ目は、納得できるまで質問と相談をすることです。
自分がこれから長く住む家です。
気になることや納得ができないことは、納得できるまで設計士や建築会社に質問し相談しましょう。

 

□まとめ

注文住宅のデザインの失敗例と後悔しないためのポイントを紹介しました。
じっくり検討し相談して、家族全員が納得する素敵な家を作りましょう。

CALENDER
2020.07
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

ARCHIVE

この記事を書いた人

津留建設お役立ち情報

津留建設お役立ち情報