BLOGブログ

スタッフブログ

2020.5.31
お役立ち情報

福岡・久留米・佐賀の方に向けて注文住宅購入の流れを紹介します

「注文住宅ってどのような流れで建てるのだろう?」

今回は注文住宅が完成するまでの流れを、1つずつ整理して説明します。
ぜひ注文住宅を建てる上で参考にしてください。

 

□注文住宅を建てる流れを順序立てて説明します

 

はじめに家族で住みたい土地のエリア、土地と建物含めた予算の2つを話し合い、決定しましょう。
この2つが完成までの大きな軸になるでしょう。

次に注文住宅を依頼する建設会社を探しましょう。
予算や、その会社が得意とする住宅の傾向とマイホームのイメージが合うかどうか、担当者の雰囲気などを基準に考えてみてください。

建設会社が決まったら、土地探しをはじめます。
ネットや不動産会社で土地を探す方も多いですが、一番おすすめするのは、注文住宅を依頼する建設会社に土地探しの相談をすることです。

このような流れを踏むと、建築したい建物にあわせて土地選びができるため、「購入した土地に理想のマイホームが建てられない」というハプニングがありません。
実はまれに、土地に予算をかけすぎてしまったことにより、こうしたハプニングが起きてしまうのです。

土地選びをしつつ、建物のラフプランを作成して見積もりを作成しましょう。
土地代金と建物代金どちらも住宅ローンで借り入れる場合、必要になるためです。
この時点で、全体の見積もりが大まかに分かるはずですから、住宅ローンの借入金も分かります。

そして、土地の売買契約と工事請負契約を締結しましょう。
そのあと、建築確認申請をします。
建築確認申請とは、簡単に言うと、その建設プランが法律に違反していないかチェックする手順を表します。

これは建設業者が代行することが多いため、よく相談して決めましょう。
申請を無事通過すると、住宅ローンの申し込みに入ります。
こちらも借り入れ審査があるので注意してください。

ここまできて、着工の段階に入ります。
工事前に近隣に挨拶を済ませ、そのあと地鎮祭を行う方もいらっしゃいます。
工事が始まったら、時々現場を訪れ進行状況を確認しましょう。
これによって手抜き工事のリスクを下げられます。

工事が完了したら、竣工検査を行って建設会社と支払いの確認などを済ませます。
何も問題がなければ、鍵の引き渡しを受け、新生活スタートです。

 

□まとめ

 

このように、注文住宅には多くの手順があり、期間は平均すると約1年~1年半かかります。
長いと感じる方もいらっしゃるかもしれません。

しかしその時間と労力をかけて完成したマイホームは、家族にピッタリでオリジナルの価値を持っています。
まずは信頼できる建設会社選びからはじめてみることをおすすめします。

CALENDER
2020.05
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

ARCHIVE

この記事を書いた人

津留建設お役立ち情報

津留建設お役立ち情報