BLOGブログ

スタッフブログ

2020.3.22
お役立ち情報

住宅で重要な断熱材とは?おすすめの種類と選び方を徹底解説!

断熱材について熟考したことがある方は少ないと思います。

しかし、断熱材にはいろいろな種類があるため、熟考する必要があります。

その理由は、断熱材の種類によって、持っている性能が違うからです。

そこで今回は、断熱材について解説します。

□断熱材とは

住宅の外皮を取り囲んで、外と中の熱を移動させにくくする材料です。

外皮とは、住宅の屋根、壁、床、窓などを合わせた言葉です。

服に例えるなら、ダウンジャケットと言えます。

また、断熱材で1番大切なことは、熱を通しにくいかどうかです。

それを測る値として、熱伝導率があります。

熱伝導率とは、温度の差によって熱が移動するときに、どれだけ移動しやすいかを表す値です。

熱伝導率が低いほど、断熱性能が高いと言えます。

熱の通しにくさだけでなく、空気の対流や電磁波の放射にも左右されることを覚えておきましょう。

そして、断熱材は大きく以下の2種類に分けられます。

*繊維系断熱材について

細かい繊維の間に空気を閉じ込めた断熱材です。

繊維を細く密に詰めるほど、熱伝導率が高くなります。

1つ例を挙げると、以下で紹介するセルローズファイバーです。

*発泡プラスチック系断熱材について

プラスチックを発泡させて、気泡にガスを閉じ込めた断熱材です。

この断熱材では、泡の大きさや数によっても性能が違います。

□当社が採用している断熱材を紹介!

当社は、セルローズファイバーを採用しています。

セルローズファイバーとは回収した新聞紙や古紙を原材料にして作られた、繊維系断熱材です。

住宅を長持ちさせるには、断熱だけではいけません。

防虫、防火、エコなどが必要で、全て持ち合わせたものがセルローズファイバーです。

また、他の断熱材と比べて、隙間ができにくいため、安定した断熱性を発揮できます。

住宅に使われている断熱材として、グラスウールを聞くことが多いでしょう。

しかし、グラスウールは内部結露が起きやすく、住宅の寿命が低下する原因の1つです。

内部結露が起きると、住宅の寿命だけでなく、健康面にも影響する可能性があるため、当社では使用していません。

みなさんはドイツで生まれたネオポールを知っていますか。

グレーカラーのネオポールは、上海万博や極寒の南極にある昭和基地でも使用されており、建物を支える骨格をすっぽり包み込みます。

当社では、セルローズファイバーだけではなく、ネオポールも採用しており、組み合わせることでさまざまな効果があるため、とてもおすすめです。

セルローズファイバーとネオポールなどを組み合わせた、さまざまな効果がある断熱をクアトロ断熱と言います。

□まとめ

今回は、断熱材について解説しました。

上記の通り、種類によって、持っている性能が違います。

当社で取り扱っている断熱材にご興味がございましたら詳細をご紹介します。

お気軽にお問い合わせください。

CALENDER
2020.03
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

ARCHIVE

この記事を書いた人

津留建設お役立ち情報

津留建設お役立ち情報