BLOGブログ

スタッフブログ

2020.3.6
お役立ち情報

注文住宅における子供部屋の作り方とは?住宅会社が紹介します!

現在、お子様がいて注文住宅の購入をご検討されている方はいらっしゃいませんか?

子供部屋はどういった作りのものを作れば良いかわからない方も多いかと思います。

間取りを決めるときの注意すべきポイントやアイデアなど気になることも多いでしょう。

今回は注文住宅における子供部屋の作り方についてご紹介します。

□注文住宅の子供部屋の注意すべき点とは?

いざ、子供部屋を作ろうと思ってもどんな間取りにすれば良いのかなどいろいろ悩んでしまいませんか?

ここでは、そんな方のために子供部屋を作る際に注意すべき点について簡単にご紹介します。

子供部屋を考える際には、配置、収納、広さに注意すると良いです。

まずは配置についてですが、子供部屋はできる限り明るい部屋に作りたいという方も多いかと思います。

その場合、2階建てなのであれば、1階で南向きの部屋をリビングに、2階の南向きの部屋を子供部屋にすることをおすすめします。

1階に子供部屋を作っても良いですが、2階に比べるとどうしても暗くなりがちです。

そのため、窓から庭やベランダなどが見える開放感のある2階に作ることで、落ち着けたり、居心地が良かったりするなどのメリットがあります。

他の部屋でも同じですが、できるだけ通気性のある部屋にするのもおすすめです。

次に、収納についてですが子供のものだけを部屋に置くのか、家族のものも置くのかで収納のタイプがかなり変わってきますので、初めの段階で決めておきましょう。

また、子供が成長するにつれて不要なものが増えてきますので、収納スペースは必要最低限にすることをおすすめします。

最後に部屋の広さについてですが、部屋は学習机や本棚、収納スペースなどの必要なものがおさまる広すぎない大きさがおすすめです。

大きすぎる部屋を子供部屋にしてしまうと、子供が部屋に引きこもってしまう可能性があります。

家族とのコミュニケーションの機会をなくさないためにも部屋の広さはよく考えましょう。

□子供部屋のアイデアってどんなのがあるの?

子供部屋で注意すべき点はお分かりいただけたかと思いますが、実際どういうふうに部屋を作れば良いのか分からない方もいるかと思います。

ここでは、間取りなどのアイデアをいくつかご紹介します。

さきほど子供部屋は狭い方がいいといいました。

しかし、お子様が小さい時はあえて広い部屋を遊び部屋として使い、大きくなって個室が必要になってきたら間仕切りを設置するというアイデアもおすすめです。

仕切った後のことも考え、窓やドアなどの配置も検討してみてはいかがでしょうか。

また、最初から人数分の個室を用意しておき、小さい頃は寝室用と勉強用などのように用途を分けて使います。

そして、お子様が大きくなったときに一人ひとりの個室として使わせるということもできるのでおすすめです。

□まとめ

今回は、注文住宅における子供部屋の作り方についていくつかご紹介しました。

子供部屋を作る際の注意すべきポイントと、今回ご紹介したアイデアを知っていて損はないでしょう。

これから子供部屋を作ろうかご検討されている方は、ぜひこの記事を参考にしてお子様にとってベストな子供部屋を作ってください!

CALENDER
2020.03
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

ARCHIVE

この記事を書いた人

津留建設お役立ち情報

津留建設お役立ち情報