BLOGブログ

スタッフブログ

2020.2.27
お役立ち情報

注文住宅を建てるにはどんな準備が必要?期間から進め方まで詳しく解説します!

注文住宅を建てたいと思っている方は、事前に準備しておくべきことを知りたいですよね。

準備をするかしないで今後の流れが大きく変わる可能性があるので、ぜひ知っておきたいポイントです。

今回は、注文住宅を検討している方に向けて、建てるまでに必要な準備についてご紹介します。

□事前に必要な準備

*注文住宅が完成するまでの流れ

準備を行う前に、まずは完成するまでの流れを理解しておきましょう。

最初に行うことは予算の決定です。

・自分でどれくらいの資産を準備できるのか

・予算の配分はどのようにするのか

・住宅ローンはどうするのか

上記のような項目について事前に決めておきましょう。

プランを決める際にも予算を話すタイミングがあるので、この段階の予算の決定は概算で大丈夫です。

次に土地と建物プランの仮決定を行います。

注文住宅のメリットは、自分で住宅の設計ができることですよね。

この工程で自分の希望を伝え、設計案や金額などを決めましょう。

実際の金額が決まったら、住宅ローン事前審査を行います。

金融機関によって融資条件が異なるので、自分たちに合ったローンに申し込みましょう。

建物プランの調整を行う決定したら、土地や建物の契約に進みます。

土地と建物でそれぞれ契約書類を整える必要があるので、注意しましょう。

契約が成立したら、住宅ローンの本審査に入り、その後、土地の所有権移転を行います。

工事が始まってから、完成したら引き渡しです。

*注文住宅の準備期間に行うこと

最初は家族全員で話し合うことが大切です。

どんな家を建てたいかなどの希望を話しましょう。

家族全員の希望を把握しておくことで、後悔や失敗を防げます。

言葉だけでなく、実際にネットなどで理想の家の写真などを共有しましょう。

次に費用について話しましょう。

多くの方が住宅ローンを利用するので、ローンの返済をしながら生活していきます。

そのため、将来のことも見据えて、資金計画を練りましょう。

この時、全体の予算額だけでなく、何にいくら使うかなどの配分も決めましょう。

これらが決まったら、実際に住宅展示場やモデルルームなどを見学することをおすすめします。

これにより、具体的なイメージを作れます。

しかし、モデルルームは良く見せていることが多いため、あくまで参考ということを意識しましょう。

□まとめ

今回は、注文住宅を検討している方に向けて、準備しておくと良いことについてご紹介します。

全体の流れを知った上で、先に準備するべきことを理解すると、全体像が見えてスムーズに家作りが進みますよね。

ぜひ、今回の記事を参考にしてみてください。

CALENDER
2020.02
12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829

ARCHIVE

この記事を書いた人

津留建設お役立ち情報

津留建設お役立ち情報